大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校 附属浜松職業能力開発短期大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 全衛生工学、機械工学概論?・?、機械工作実習、シーケンス制御、センサ工学、シーケンス回路実習、シーケンス制御実習?・?、CAD実習、制御盤製作実習、FAシステム実習、空気圧実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械工学、有接点シーケンス制御技術、PLC制御技術、メカトロニクス技術、機械加工技術、自動化システム技術、コミュニケーション能力

製作の目的と概要

 職業能力開発短期大学校やポリテクセンターでは電気工事の技能習得のため、ケーブルを用いて練習を行います。ケーブルの長さは課題により異なり、その都度、手作業で準備をしてきましたが、この作業を自動化することにより、習得度測定等の材料準備の時間短縮に貢献できると考え、設計・製作しました。
★技能・技術習得目標:
 本製作では、PLC、タッチパネル、エアシリンダ、ロータリエンコーダ、電動シリンダ、スピードコントロールモータといった、アクチュータとコントローラを組み合わせる技能のほか、ワークに対するツールの作成やメカニズムの検討など、自動機を作成するうえで必要な知識・技術の習得を目標としました。

成果

 今回製作した自動ケーブル切断機を図1から図3に示します。図1に示すように、装置は二つあります。左がケーブルを置く台、右がケーブルを側長・切断する装置になります。側長・切断の装置の主構成は、ケーブルを側長し、切断寸法まで送る送り部と、ケーブルを把持し切断する切断部からなります。
★アピールポイント:
 VVF1.6−2C・3Cについて、長さ200〜2000mmをプラス誤差20mm以内にとどめて切断することができます。切断速度は、2mケーブルを1分間に4本切断することができます。ケーブルを所定位置に正しく送る必要があったため、3Dプリンタによるガイドを作成しました。また、設計段階で3次元CADを使用し、機器の干渉具合などを見て製作しています。グループ作業を通じて外部の方にも装置を認めていただくほどのものができ、自動化技術の基礎を学べたと考えます。
自動ケーブル切断機 「線切れ〜る」の製作 〜測長、切断の自動化〜(H25)の画像1
図1 全体図
自動ケーブル切断機 「線切れ〜る」の製作 〜測長、切断の自動化〜(H25)の画像2
図2 送り部
自動ケーブル切断機 「線切れ〜る」の製作 〜測長、切断の自動化〜(H25)の画像3
図3 切断部