大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 シーケンス制御、自動制御、センサ工学、シーケンス制御実習?・?、FAシステム実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

シーケンス制御技術、自動制御技術、センサ技術、FAシステム技術、プレゼンテーション技術

製作の目的と概要

今回の総合制作実習では、製造ラインの設計・組立・調整・プログラミング・ネットワーク接続など、製造現場における自動化システムの運営・管理に必要な技能・技術力を高めることを目的としました。
制作物の概要としては、色、高さ、材質の異なる6種類のワークに温度計またはキャップを取り付ける2種類の組み立てラインを製作し、これら2つのラインを統合して1つの自動化システムを構築しています。このシステム全体を通して6種類のワークの搬送・選別・分類・組み立て・格納が可能なシステムとしました(写真1、2、3参照)。
★技能・技術習得目標:
自動化システムの構築・運用・保守・管理・改善ができる実践的なメカトロニクス技術者を目指し、自ら目標に向かって積極的に創意工夫し、チームで協力しながらものづくりを進められる技術スキルの習得を目標としました。

成果

今回のFA制御システム構築を通して、設計・組立・調整・プログラミング・ネットワーク接続、さらには画像処理技術など幅広い専門技術を習得することができました。また半年間に亘るグループ実習は、完成予定までの工程管理やメンバー各自の役割分担と情報共有の重要性等を学び、グループ作業独特の難しさを理解することもできました。
★アピールポイント:
昨年度の自動化システムに画像処理センサ及びベルトコンベアを追加し、それに伴うプログラムの変更と工程の見直しを行った結果、昨年度に比べてワーク選別とキャップ取り付け作業、ワークの移動工程において、処理時間を約10秒短縮できました。さらにワーク選別と移動における誤動作を低減させ、信頼性を向上させることができました。
FA制御システムの構築(H25)の画像1
写真1 6種類のワーク(左)温度計とキャップの取り付け(右)
FA制御システムの構築(H25)の画像2
写真2 温度計取り付けライン
FA制御システムの構築(H25)の画像3
写真3 キャップ取り付けライン