大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械力学、材料力学、アナログ電子回路、ディジタル電子回路、センサ回路、プログラミング、画像処理、インタフェース設計、安全衛生
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

アナログ電子回路、ディジタル電子回路、センサ回路、ディジタル通信、プログラミング、安全衛生、画像処理、インタフェース設計、生産管理システム構築

製作の目的と概要

 本開発課題の協力企業では、ある型の回転灯の組付け作業を全て手作業で行っています。回転灯の組付け作業の中でも、グローブとボディは人的感覚により締付けを行っています。そのため、回転灯の種類を判別し、グローブとボディを一定のトルクで自動締付けを行う装置を製作しました。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、環境問題に対する考え方と機械工学、電気・電子工学および情報工学を応用した製品開発技術を習得します。

成果

 タッチパネルで操作を行い、制御部とPCとタッチパネルが正常に動作し、回転灯を自動で締め付けることができました。また、画像判別による回転灯の型式、傾きとズレの確認を行うことができました。
★アピールポイント:
 自動で回転灯を締め付ける装置を開発しました。
回転灯組付け装置の開発(H25)の画像1
図1 締付け装置
回転灯組付け装置の開発(H25)の画像2
図2 装置構成
回転灯組付け装置の開発(H25)の画像3
図3 回転灯