大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校居住・建築システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 木質構造施工・施工管理課題実習、施工実験、構造解析、応用構造解析など
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

木造住宅の耐震補強に関する専門技術と知識の習得及び、壁耐力実験の手法と解析方法を習得します。

製作の目的と概要

 木造住宅の耐震技術開発として、ホクシン株式会社と共同で、木質繊維を原料とする成型板の一種である中密度繊維板(略称 MDF)を面材として用いた耐力壁を木造建物に使用するための研究を2011年より研究・開発を行ってきました。これまでのMDFを用いた耐震補強材の開発では、軸組の大壁と真壁仕様での実験を行い、その結果、設計条件の実証、理論式への適否など、面材耐力壁の特性を理解しつつ、耐震性能を評価してきました。
本年度は、建築基準法告示への追記を目指し、木造住宅用耐力壁としての性能評価を取りまとめることとしました。日本住宅・木材技術センターによる試験方法である「鉛直構面の面内せん断試験」を行うことにより、その性能を評価するとともに実験結果を検証・改善し研究開発を進めてきました。新製品の開発でもあることから、ものづくり実践となった課題でありました。
★技能・技術習得目標:
 ?耐震壁の性能を確保する設計・製作が検討実施できること
 ?壁倍率算出にかかる、実験・データ解析・評価ができること

成果

 開発課題としての取り組みとして3年目であったことから、数多くの試作品による実験を通して、耐力壁の性能について多くの知見を得ることができました。特に、現在の耐力壁に最も重要な性能である『建物の変形に追随し靱性に富んだ変形をしていくエネルギー吸収型耐力壁』を現実のものとする施工技術について、多くの成果を得ることができました。
★アピールポイント:
 木造住宅用耐力壁の試作・実験・検証を通じて、木造住宅用耐力壁の設計・施工技術を構築することができました。また、耐力壁の設計・施工技術について多くの成果を得たことから、共同で研究を進めてきたホクシン株式会社のみならず繊維板工業会からも高い評価を受けることができました。
MDFを用いた耐力壁の面内せん断性能に関する研究(H25)の画像1
図1 MDF耐力壁の骨格曲線
MDFを用いた耐力壁の面内せん断性能に関する研究(H25)の画像2
図2 MDF耐力壁の性能評価
MDFを用いた耐力壁の面内せん断性能に関する研究(H25)の画像3
写真1 MDFによる木造住宅用用耐力壁