大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 CAD実習?、CAD実習?、機械加工実習、精密加工実習、シーケンス制御、シーケンス制御実習?
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

旋盤加工、フライス盤加工、レーザ加工、曲げ加工、組立・調整、検査

製作の目的と概要

 帯鋸盤により材料を切った後、必ずバリ取りの作業を行います。今までは、鉄工ヤスリを使って作業をしていました。手作業による作業も大切ですが、大量の材料をバリ取りするには多くの時間を伴います。そこで、より短い時間できれいに面取りができる面取り加工機を制作することにしました。
また、これまでに学んだ知識ならびに技能・技術(3DCAD、汎用工作機械、NC工作機械など)も生かせることから、このテーマにしました。
★技能・技術習得目標:
 今回の実習テーマでは、「面取りカッターの設計・製作」の設計・製作を実施します。グループワークにより設計(図面作成)、機械加工(旋盤・フライス盤・NC工作機械)、組立て調整など一つの製品を作り上げるための技能・技術が習得できます。また、実習を通して5S活動、コミュニケーション能力、協調性などの必要性も認識することができます。

成果

 設計から製作・組立まで一連を通して取り組むことにより、学生にものづくりの「おもしろさ」ならびに「難しさ」を教えることができました。その中で、3DCAD上ではきちんと表現できていても、実際に製作・組立をしてみると設計通りにならないことを理解したことは学生にとって大きな財産になったと思います。
また、失敗を繰り返しながらあきらめずに取り組んだ結果、面取り加工機を作り上げることができました。
 これから学生が社会に出ても、この総合制作の経験が生かされると思います。
★アピールポイント:
 購入すると15万〜数十万する機械ですが、総合制作でこの面取り加工機を制作することで購入額の1/4程度のコストで制作することができました。また、この面取り加工機は先生方の材料準備や学生の加工実習で便利で役立つものであると思っております。
面取りカッターの設計・製作(H25)の画像1
図1 3DCADによるモデリング
面取りカッターの設計・製作(H25)の画像2
図2 フライス盤による加工
面取りカッターの設計・製作(H25)の画像3
図3 面取り加工機(完成品)