大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 PLCによるラダープログラミング技法、各種製品の形状や色の識別を行うセンサおよびその電子回路技術、モータおよび動力機器を用いた電気回路やシーケンス制御回路による制御盤作成技術
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

PLCによるラダープログラミング技法、各種製品の形状や色の識別を行うセンサおよびその電子回路技術、モータおよび動力機器を用いた電気回路やシーケンス制御回路による制御盤作成技術

製作の目的と概要

 自動倉庫は、工場の生産ラインや物量倉庫だけでなく、街中の駐車場など日常生活の中でも見かけることが多くなっています。また、制御分野で習得してほしい要素技術(部品の加工・組立、電気回路、シーケンス制御、安全対策など)が多く入っていることから、仕上がり像として有意義だと思われ、制作のテーマとして設定しました。
★技能・技術習得目標:
 自動倉庫の製作を通じて、設計製図から必要な部品の設計、選定、発注、加工、組立、試運転までの工程を経験し、ものづくりの実際を経験しながら、総合的な実践力を身に付けます。

成果

 組立システムから送られてきた完成品(色、形の異なる製品)の格納・管理を行うシステムになりました。3軸移動機構、ピック&プレイス機構などの自動機で主流要素を構成しています。自動機の移動には、ステッピングモータを用いた位置決めシステムを採用し、制御装置としてPLCやタッチパネル等を用いて運転・管理・保守を行うことが可能となっています。
★アピールポイント:
 ポリテクビジョンのときには、学生が習得した自動倉庫システムに関する技術を生かして、学生自らの試運転を行い、その制御性能や各自動機器の役割についてアピールできます。
自動倉庫の製作(H25)の画像1
図1 システム構成図
自動倉庫の製作(H25)の画像2
写真1 制御部
自動倉庫の製作(H25)の画像3
写真2 自動倉庫