大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属島根職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 金型設計、金型製作実習、CAD/CAM実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

プレゼンテーション、営業、CAD/CAM、CAE

製作の目的と概要

 近年、低価格のプラスチック製品を多く目にすることがあります。そのプラスチック製品がどのように製作されているのかに注目するとともに、学生自らが設計製作を行うことで、一貫した「ものづくり」を体験してもらうことに目的があります。また、サブテーマをマスコット人形とした理由は、ものづくり教室等においてプラモデル感覚で来場者に体験学習をしていただけるように、大人から子供まで楽しめるものとしました。
★技能・技術習得目標:
 プラスチック製品をテーマとしているため、プラスチックの性質・金型の構造の理解等の予備知識が必要です。また、設計から取り組むため3次元CADにおける創造性が必要とされます。金型の製作においては各種工作機械の技能技術が必要とされ、高精度な加工が要求されます。

成果

 マスコット人形を「白イルカ」に設定し、2対の人形にしました。近隣の水族館へ学生自ら営業へ行き、その水族館のお祭りにて、体験コーナーを設けることができました。
完全なオリジナル製品であり、設計から製作、更には体験コーナーでの配布等、お客様の笑顔まで学生は得ることができました。
★アピールポイント:
 今までの課題との相違点は、営業があることです。学生は目的や製作過程をタブレットに入れ、水族館へ営業に行きました。その結果、その水族館のお祭りで体験コーナーができるようになり、400セット製作し、来場されたお客様へ300個近く無料配布(体験)を行うことができました。このことは当校の学生募集にも貢献できたと思います。
射出成型金型製作(マスコット人形)(H25)の画像1
図1 完成予定図
射出成型金型製作(マスコット人形)(H25)の画像2
図2 金型
射出成型金型製作(マスコット人形)(H25)の画像3
図3 完成品