大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属島根職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電子回路組立技能、センサー技術、プログラミング技術、組込みマイコン技術、モーター制御技術
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

ハードウェアとソフトウェアの関連など、各技術要素の組み合わせと総合的な機能実現の方法

製作の目的と概要

 タブレット部は環境設定からアプリケーション開発に必要な要素を理解し、無線ラジコンを制御するアプリケーションを開発していきます。無線通信にはいくつか種類があるのでその検証も合わせて仕様を決定し、最終的に統合・調整・動作試験を行います。制作を通して、設計、製作及び組立・調整技術等の総合的な実践力を身に付けるとともに、無線通信を使用した外部機器との通信システムの設計を通して、実践的な電子回路設計技術、制御システム設計技術も身に付けます。
★技能・技術習得目標:
 電子回路の理解と組立技術を習得します。光センサの技術、走行の制御技術、アルゴリズム技術を習得します。Andoroid™タブレットのプログラミングと、無線通信技術を習得します。

成果

 無線通信にBluetooth®通信とAM変調方式を使用し、PIC® を用いた無線ラジコンをAndoroid™タブレット上で制御するアプリケーション開発を行いました。無線ラジコンは、スイッチによって無線の種類を選ぶことができ、選択された無線通信により、前進、左旋回、後退、右旋回ができるようになっています。
 機能を実現化するためにハードウェア、ソフトウェア、無線通信の検証など、グル―プによる問題解決能力を養うことができたものと思います。ものづくりの一連の流れを体験することにより実践的な電子回路設計技術、制御システム設計技術も身に付けられたと感じています。
自作無線通信ラジコン(H25)の画像1
図1 無線ラジコン
自作無線通信ラジコン(H25)の画像2
図2 タブレット操作画面
自作無線通信ラジコン(H25)の画像3
図3 AM変調信号送信機