大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属島根職業能力開発短期大学校住居環境科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 建築計画?、建築構法、基礎製図、建築設計実習?・?・?、建築施工基礎実習?・?・?、建築施工実習?・?、建築施工?・?、仕上げ実習?・?、インテリア計画、インテリア設計実習、施工図実習?・?、建築材料?・?、建築設備、仕様及び積算
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

コンセプト作成等の企画・提案能力及び情報収集能力、プラン作成等の建築及びインテリ設計技術、積算や工程計画・品質管理等の施工管理技術、実際に解体・塗装・大工工事を行う改修施工技術

製作の目的と概要

 全国的に地方では過疎化が進み人口の減少や規制緩和による郊外型大型店舗の増加により商店会は空き店舗が増加しシャッター街となりコインパーキングが乱立する状況にあります。しかし、近年コストを掛けずに現状の良い部分を残しながらリフォームやリノベーションを行い、新たなコミュニティの場として蘇らせる試みが各地で行われています。
その中において江津駅前には廃業した銭湯が存在し、その風情ある建物をリノベーションし、新たなコミュニティの場を作り、人と人とのつながりを増やすまちづくりの一歩となることを目的としました。
★技能・技術習得目標:
 銭湯の改修を通じ、プランの作成による設計技術から積算や工程計画を含めた施工管理技術、自ら施工を行うことによる改修施工技術を習得します。また自らが実施していくことでの実践力、分析力、問題解決能力の習得にも繋がります。

成果

 銭湯を学生が改修するという全国でも例を見ない取り組みであり、マスコミからの取材も受けました。さらに改修された銭湯は、まちのイベントなどで開放し写真展や雑貨の販売などを行い地域の方からも好評を得ています。そして、今年度江津万葉の里商店会が「平成26年度 トライアル実行支援事業 商店街チャレンジコース」に応募し採択されましたので、この事業が全国商店街のモデル事業として支援されることになりこの銭湯を活かして今後も様々なイベントが行われることになりました。そして、この銭湯が復活すれば全国でも例を見ない試みとしてまちづくりのモデル事業になります。

★アピールポイント:
 学生がプランニングだけで終わらず実際に改修まで行ったこと、実際にイベントなどで使われていることに対して、ポリテクカレッジの学生が全国でも注目を浴びる取り組みの第一歩を担ったことにあります。また竹害対策や地産地消の考えのもと地域で自ら竹を採取・加工を行い仕上げ材として使用しています。
駅前銭湯復活プロジェクト(H25)の画像1
図1 改修前(現場調査中)
駅前銭湯復活プロジェクト(H25)の画像2
図2 改修後
駅前銭湯復活プロジェクト(H25)の画像3
図3 イベント風景