大学校及び設置科 四国職業能力開発大学校 附属高知職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械加工実習、数値制御加工実習(?・?)、CAD実習(?・?)、機械工作実習、基礎製図、機械製図、機械設計製図、メカニズム
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機構設計技術、3次元CADによる機器設計技術、数値制御工作機械による加工技術

製作の目的と概要

 無人偵察機という機械が近年いろんな場面で注目されています。本制作ではカメラを搭載したラジオコントロール方式の陸上を走行する車体を設計・製作そしてテスト走行まで実施します。この一連の流れにより、機器設計の流れを習得するとともに、機械加工しやすい設計を学んだり、テスト走行により得られた結果から改善活動や実際の製品作りにおいて必要な各種知識・技術・技能を習得することを目的としています。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、3次元CADを活用した機器設計の習得、生産(加工)を考えた部品形状の最適化技術の習得。目的に沿った機構を選定、設計する技術の習得を目標としています。

成果

 無限軌道タイプの車体を完成させました。操作部については市販のラジオコントロールのシステムを使い、カメラ部についてはWiFiネットワークカメラをタブレット端末から見られるように設定しました。人間の目の届かない範囲での操縦を可能にしています。
★アピールポイント:
 ものづくりフェスティバルで、主として子供対象に操縦体験を実施し、好評を得ました。また、この機会を耐久性テストとして性能検証しました。この結果、ねじの緩みなどのトラブルが発生し、改善点として対策を考えるいい機会になりました。
偵察ラジコンの製作(H25)の画像1
図1 偵察ラジコン1
偵察ラジコンの製作(H25)の画像2
図2 偵察ラジコン2
偵察ラジコンの製作(H25)の画像3
図3 偵察ラジコン1・2比較