大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械工学概論(?・?)、センサ工学、インターフェース技術、電気回路(?・?)、電子回路工学(?・?)、電気機器?、制御プログラミング、情報工学基礎実習、機械工作実習、制御盤製作実習、電気機器実験、電子工学基礎実験、電子回路基礎実験、制御プログラミング実習、
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械加工技術、プログラミング技術、マイコン制御技術、電子回路設計・製作技術、モータの制御技術

製作の目的と概要

 現在、ガソリン・軽油等を使用する自動車や自動二輪車、原動機付自転車が多く普及しているが、ガソリン・軽油等を使用する車両は排気ガスを出すことから地球温暖化の原因になっています。そこで、地球に有害な排気ガスを出さない電気を用いたモータで駆動する車両の中で電気自転車を製作し、マイコンによるモータ制御の知識を深め、電子回路の設計や機械加工技術を向上させることを目的とします。
★技能・技術習得目標:
 マイコンによるモータ制御の知識を深め、C言語によるプログラミング技術、電子回路の設計・製作、機械加工技術を習得します。

成果

 ハンドルに取り付けたスロットル及びブレーキにより、モータの可変速度運転が可能な電動自転車を製作しました。また、ペダルを漕ぐことでバッテリーへの充電を可能としました。

★アピールポイント:
 九州ブロックポリテックビジョン2014の時には、科代表として発表部門に応募し、製作目的やシステム構成、工夫点などのプレゼンテーションを行い、電気電子系部門で最優秀賞を頂くことが出来ました。
電動自転車の製作(H25)の画像1
図1 車体外観(前方)
電動自転車の製作(H25)の画像2
図2 車体外観(後方)
電動自転車の製作(H25)の画像3
図3 制御基板