大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校 附属川内職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 ・機械加工実習 CAD/CAM実習 CAD実習 機械製図
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

・T溝、アリ溝加工 テクニカルイラストレーション ワイヤーカット加工 プレゼンテーション技術

製作の目的と概要

 実際の訓練で使用しているフライス盤の構造や精度に関する興味を深めるために、卓上型のミニ盤の製作を通して加工のおもしろさや難しさを体験させてます。設計から加工・組み立ての一連の段階を踏まえ、CAD
/CAMからNC工作機械、汎用工作機械の技能習得を目的とします。
★技能・技術習得目標:
 ?フライス盤の構造を理解し、ミニ盤として製作するための設計を2次元、3次元CADで設計します。
 ?部品製作をするにあたり、材質、大きさ、必要工具、必要機器の選定を自ら判断できるようにします。
 ?製品組み立て後、テクニカルイラストレーションによるパーツカタログの作成をできるようにします。

成果

 卓上フライス盤の設計・製作というテーマで、1年次に学習した科目、実技を基本にして「ものづくり」をす
る中で応用的な発想や工夫が必要であることを認識させることができました。また、グループとして製作する中で、お互いに信頼し合い相談することが重要であることを確認し、実社会に出たときの訓練にもなりました。

★アピールポイント:
 一つの機器をゼロから作り上げることは難しく、グループで製作するからこそ可能な課題になっています。
加工要素に恵まれ、いろいろな機器や加工法の技能を習得でき、組み立て調整の難しさから加工精度の重要   
性や設計変更の必要性、グループ内での製作者の割り振り等、加工現場の実体験に近い訓練ができます。
卓上フライス盤の設計・製作(H25)の画像1
図1 T溝加工
卓上フライス盤の設計・製作(H25)の画像2
図2.3Dソフトによる設計
卓上フライス盤の設計・製作(H25)の画像3
図3.完成品