大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校 附属川内職業能力開発短期大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械工学概論、機械工作実習、電気機器学、センサ工学、インターフェース技術、制御プログラミング実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

センサ技術、インターフェース技術、モータ制御技術、マイコン制御技術、グループワーク作業

製作の目的と概要

 電気エネルギー制御科では種々のモータの原理や特性、駆動法について学んでいます。本テーマは実際に人間が搭乗出来るモータを動力源とした乗り物の製作を通して、グループ作業におけるものづくりの楽しさ難しさを体感するとともに、スケジュール管理や協調性、プレゼンテーション能力の養成を目的とします。
★技能・技術習得目標:
 ?機械部品の選定、2次元CADによる機構設計の習得。
 ?モータ選定、設計、製作及び組立・調整技術等の総合力の習得。
 ?センサ回路技術、プリント基板作成技術、マイコン制御技術の習得。

成果

 本テーマは、実際に乗って動く製作物ということもあり最後まで熱心に興味を持って取り組み、動いた時の喜びが共有できた一方で、製作過程の中で設計ミスによる材料・部品の無駄損傷を経験したことで、お互いのコミュニケーションの重要性やグループ作業の難しさを認識できました。

★アピールポイント:
 不注意からモータドライバを焼損させてしまい、ポリテクビジョンでの試乗は出来ませんでしたが、その後、代替ドライバでの走行が可能となりました。
電動三輪車の製作(H25)の画像1
図1 電動三輪車の外観
電動三輪車の製作(H25)の画像2
図2 本体内部
電動三輪車の製作(H25)の画像3
図3 ひずみ検出回路