大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校 附属川内職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 はんだ付け、電子回路設計(電子CAD)、C言語
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

検定課題の製作技術、プリント基板の縮小化、マイコン制御、グループワーキング、プレゼンテーション技術

製作の目的と概要

 技能競技課題は「はんだ付け」等の組立技術を測る作業が多く、電子情報技術全般を検証できるものではありません。また、組立ばかりに集中することで、課題の構成原理や電子回路の理解が不十分となってしまいます。そこで既存の課題を基にして全体の構成をソフト・ハードに分離させ、幅広い技能の検証ができる課題を検討することで、製品動作の理解をより深めることが可能となります。
★技能・技術習得目標:
 技能競技大会の課題製作を通じてはんだ付け技術の向上を目指します。さらにハード・ソフト両方の技術を検証できるような課題の改良を通じて製品製作の疑似体験を行います。

成果

 検定課題の製作を通じて、個々に感じたこと、解決すべき問題点、ソフト・ハードの境界について議論を重ねることで、作業の方向性を見出すことができました。また、新課題製作に当たっては、それぞれに異なる課題を提示することで、一つの目的に向かってお互いの進捗を確認しながら作業を行うことの重要性を認識させることができました。
★アピールポイント:
 すでに完成された製品(課題)からソフト・ハードの切り分けを行い、学生には製品改良の過程を経験させる
ことができ、製作物は「電子情報」に携わる技術者の技量を図るのに十分な内容に仕上がりました。
技能競技大会の新課題製作(H25)の画像1
図1 既存検定課題 基板
技能競技大会の新課題製作(H25)の画像2
図2 新課題 メイン基板
技能競技大会の新課題製作(H25)の画像3
図3 新課題 全体図