大学校及び設置科 北海道職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 工業力学、材料力学、メカニズム、機械加工、機械工作、数値制御、機械製図、CAD/CAM実習、数値制御加工実習、機械加工実習、機械工作実習、精密加工実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

CAD/CAM技術、NC機械加工技術、汎用機械加工技術、板金・溶接技術、機械保全技術、チームワーク作業、スケジュール管理

製作の目的と概要

 本制作では、設計から製作までの作業を通し、「モノづくり」の面白さや発展性を理解し、実践能力を高めることを目的とし、最終的にはイベント等で地域の方々に喜んでもらえるように、モータ駆動の動力車1台、子供であれば10名程度乗車できる乗用台車2台、1周約50mのレールの設計・製作を行いました。
★技能・技術習得目標:
 CAD/CAM技術、NC機械加工技術、汎用機械加工技術、板金、溶接技術、機械保全技術の習得を目指します。実践技術者に必要な「ものづくり」の技能・技術を身に付けます。

成果

 生産技術科で習得した知識・技能をベースに作業を行うことで、これまでやってきたことの再確認や、新たな方法を身につけることができました。組み立て調整の難しさも経験し、結果的に自信をもって作業ができるようになり、実践力を高めることができました。また、役割分担、協力体制もグループ内で行うことができるようになり、1年で完成させることができたのは大きな成果です。
★アピールポイント:
 限られた空間内でも走行でき、急なコーナでも曲がれるように自動車等で採用されているデファレンシャルギアを駆動部に採用しています。乗用台車も同様に追随できるように工夫されています。曲線レールは手曲げで加工し勘コツで調整しました。ポリテックビジョンの体験イベントでも、多くの人に乗車してもらい喜んでもらうことができました。
電気機関車の製作(H26)の画像1
図1 デフとベルト伝動
電気機関車の製作(H26)の画像2
図2 電気機関車
電気機関車の製作(H26)の画像3
図3 テスト走行