大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 基礎製図、機械製図、機械要素設計、機械設計製図、CAD実習、CAD/CAM実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械製図技術、CAD技術

製作の目的と概要

  機械製図の読解力・図解力を養うための教材を作成することが目的です。初心者が機械製図に苦手意識を持つ原因に図面の中で使われる専門用語が分からないことがあります。そこで導入として、初心者が陥りやすい用語の理解を、学生が分かりやすい言葉で、分かりやすい写真や図を多用して解説を行いました。次に図形の作図手順に3次元図形を添付し、2次元図面との対比を述べながら作図を進められるように配慮しました。これらはPowerPoint?を用いて画像で表現されています。
★技能・技術習得目標:
 初心者が教材を独自のスピードで読み進めることで、読解力・図解力を醸成できます。その結果、技能検定3級に合格できる技術が習得できるようになります。

成果

 作成した教材をもとに2年生24名に独自学習を試みました。成果を確認するために機械製図力確認テストを作成し、教材学習前と学習後に同一の問題でテストを実施しました。その結果2年生全員の得点がアップし、平均15点の向上が確認されました。
★アピールポイント:
1.初心者(学生)と先生の会話形式で話が展開しています。
2.初心者が質問、先生が解説するスライド(PowerPoint?)で会話が進みます。
3.先生が順を追って作図と寸法記入の手順を解説しています。
4.写真、立体図で補足することで実物をイメージできます。
機械製図教材の作成(H26)の画像1
図1 課題図の作図解説
機械製図教材の作成(H26)の画像2
図2 機械要素の解説
機械製図教材の作成(H26)の画像3
図3 課題図