大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校 附属浜松職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械製図、機械設計製図、金型設計、工業材料、材料力学、機械加工学、機械加工実習、測定実習、数値制御加工実習、CAD実習?・?、CAD/CAM実習等の学科、実技の知識と技能・技術の習得が必要です。
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

プラスチック成形の代表の一つである射出成形金型において、プラスチック製品の設計、解析シミュレーションから各種実験・測定等の検証等を経て、金型設計・金型製作から成形品の射出成形に至るまでの一連の技能・技術を習得します。

製作の目的と概要

 金型の設計・製作および成形までに必要となる技能・技術は多岐にわたり、まさに複合技術が集約されていると言えます。従って、本テーマを実施することにより学生は専門課程で学んだ学科、実験・実習の知識および技術・技能をフルに活用することになり、総合製作実習に最適な課題といえます。
★技能・技術習得目標:
 プラスチックを材料とする成形品をモデリングし、その成形品モデルを成形する射出成形金型のPL(パーティングライン)を設定(キャビティ・コア分割)し、射出成形金型の設計技術を習得します。また、その成形金型の製作加工および組立調整をし、射出成形加工までの一連の技能・技術を習得します。

成果

 最大のポイントである入れ子方式を駆使した構造の2個取り射出成形金型を設計製作し、目的とする成形品「ソーラーボート」を射出成形することができました。また、ヒケ防止のための工夫をしました。

★アピールポイント:
 射出成形金型の可動金型・固定金型の金型構造設計です。特に可動型・固定型の型合わせ構造は樹脂漏れ、バリ発生もない射出成形金型が完成しました。
また、モールドベース金型に組み込まれた入れ子部品の仕上げ精度と金型組立構造も是非ご覧頂きたいです。
射出成形金型の設計・製作(ソーラーボートの製作)? 甲板&連結部品編 ?(H26)の画像1
図1 可動射出成形金型
射出成形金型の設計・製作(ソーラーボートの製作)? 甲板&連結部品編 ?(H26)の画像2
図2 ソーラー置き完成品
射出成形金型の設計・製作(ソーラーボートの製作)? 甲板&連結部品編 ?(H26)の画像3
図3 ソーラーボート完成品