大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属福山職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 工業力学、材料力学、機械設計製図、測定、安全衛生、機械加工
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

3次元CAD設計、機械要素設計、機械加工技術、組立調整技術

製作の目的と概要

 スターリングエンジンの製作を通して、設計から加工及び組立・調整技術までの総合的な実践力を身に付けます。実際に製作することにより、その仕組みと構造を理解するとともに、設計から製作までの一連の流れを通して、特に3次元CADによる設計手法や各部品の製作における特に汎用機械やNC機械による高精度な加工技術の習得を目的としました。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、3次元CADによる設計手法、構成部品の製作における高精度な機械加工技術および組立・調整技術を習得します。

成果

 エンジン機構部にロス機構を採用したピストン径25mm、ストローク13.6mm、設計出力2.56Wのα型エンジンを製作し、これを動力源として搭載したベルト駆動で走る車を製作しました。試運転の結果、時速4km程度で走行し、エンジン回転数やトルクを計測した結果、ほぼ設計どおりの出力を得ることができました。
★アピールポイント:
 エンジン機構部分にはロス機構を採用することで内部のサイドスラストを小さくすることができ、エンジン全体もコンパクトになり、高回転でも振動の小さいエンジンを製作することができました。
スターリングエンジンの設計・製作(H26)の画像1
図1 製作した部品
スターリングエンジンの設計・製作(H26)の画像2
図2 完成品