大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属福山職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械加工実習(?・?)、数値制御加工実習(?・?)、機械設計製図、CAD実習(?・?)
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械加工技術、機械要素の設計技術

製作の目的と概要

 手巻ウィンチは、地上または台架上に設置して巻胴にワイヤーロープを巻き取り、人力により荷物を引き寄せたり吊り上げたりする荷役機械です。
製作にあたって、設計を理解し、荷重、曲げモーメント、合成モーメント等の数々の式を使い設計計算を行います。続いてCADによる部品図、組立図の作成を行います。また、実践的な作成手順を創意工夫しながら各部品の加工工程表を作成し、旋盤、フライス盤等の工作機械を利用して加工を行います。
★技能・技術習得目標:
手巻きウィンチの設計・制作では、設計、機械加工、組立・調整、検査・評価・報告までの「ものづくり」に係る一連の工程を、実習を通して習得することで、実務に適応する技能・技術を身に付けます。
ただ制作するのではなく、コスト削減や品質の向上・製品改善などのチームの目標を提起し、役割分担表の作成、スケジュールの作成を行い取り組みます。課題の成果物として、設計計算書、加工工程表・組立て手順書、製品、製作図面及び組立図、発表資料、報告書などを作成します。

成果

歯車、軸受、シャフト等の機械要素部品を仕様通りに設計し、製作しました。機械加工では、材料に応じた加工工程、加工条件を考えました。また、製作に係るコストの算出、製作スケジュールの計画、役割分担といった管理能力から、情報の共有や協調性などのチームワーク力・コミュニケーション力についても身に付きました。「ものづくり」に対する興味を持ち、学生自身がグループワークの中で創意工夫することで、総合的な能力が身に付きました。
★アピールポイント:
課題が完成し荷役機械として使用できる事に、学生は喜びを感じています。
手巻きウィンチの設計・制作(H26)の画像1
写真1 加工の様子
手巻きウィンチの設計・制作(H26)の画像2
写真2 完成品
手巻きウィンチの設計・制作(H26)の画像3
図1 組立図