大学校及び設置科 四国職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計製図、CAD実習(?・?)、シーケンス制御実習(?・?)、特殊加工実習、油空圧制御
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計製図の知識、2次元・3次元CAD技術、機械加工技術、シーケンス制御技術、空気圧機器の知識、電気機器の知識、電気配線の技能

製作の目的と概要

 近年、生産ラインの省力化に伴い部品の供給や検査工程は、自動化された作業ユニットで構成されています。
本課題では、機械加工されたワークの高さを検査し、材質毎に選別する作業ユニットを製作することで、今までに学んできた機械設計製図や機械加工技術等の専門知識・技術を実際の機械製作に活かす応用力を習得します。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、構想や仕様決定、機械設計、機械加工、組立・調整、制御等の機械製作に必要な一連の工程を習得します。

成果

 材質や色の異なる3種類(アルミ、2色の樹脂)の機械加工材の高さを検査し、規格内のワークを選別し各々の収納場所に納める機械を製作しました。1分間に4個選別できることを目指しました。ベルトコンベアを一から設計、製作したことで機械設計の応用力が身に付きました。
★アピールポイント:
 ものづくり研究発表会で、展示・発表し来客者に製作目的や機能を説明しました。また、オープンキャンパスにおいて、生産技術科の学習内容を紹介する一例として活用します。
加工材選別機の製作(H26)の画像1
図1 外観
加工材選別機の製作(H26)の画像2
図2 製作したコンベアの図面
加工材選別機の製作(H26)の画像3
図3 排出部