大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計・機械加工に関する座学と実技(CAD実習?・?、機械加工実習など)
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計技術、機械加工技術

製作の目的と概要

 旋盤で加工を行う機械部品には、市販されている、スローアウェイバイトでは、機械加工できない形状があります。この場合、ロウ付けバイトを用いて簡易的に両頭グラインダで研削することが多いが、研削を行うためには熟練を要します。また、高精度の研削を行うためには工具研削盤が不可欠となります。今回は、工具研削盤を製作することを目的として、まず、工具研削盤の構造を理解し、実用的な工具研削盤を製作することを目的とし総合制作を通して、生産技術科で習得した機械に関する設計技術やCAD技術、そして加工技術を十二分に活用して、製作物の完成を目指しました。

★技能・技術習得目標:
課題を通して、工具研削盤の構造を理解し、機械部品の設計・加工技術を習得します。また、加工した製品の組立・調整に必要な技術も習得していきます。

成果

 製作した工具研削盤で任意の角度で逃げ面、切れ刃面、すくい面にバイトを研削できることを目標に製作することを考えています。

★アピールポイント:
バイトの各部の角度(逃げ角、切れは角、すくい角)を任意の角でバイトを研削することができます。刃物台下部に鋼球を入れることによりスムーズに刃物台を動かし研削することができます。
工具研削盤の製作(H26)の画像1
図1 完成した工具研削盤
工具研削盤の製作(H26)の画像2
図2 工具研削の様子