大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 精密機器設計製作課題実習(機械)、電気制御システム課題実習(電子)、組込システム応用構築実習(情報)
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

精密機器加工技術、電子回路設計組立て技術、コンピュータシステム構築技術、プロジェクト開発技法

製作の目的と概要

 現在の車にはパワーウィンドウスイッチやキーレスエントリー等の多種多様なスイッチが使われています。現在、これらのスイッチの押下テストには,そのスイッチに対応した専用の試験機が必要となっています。
本開発では, 専用の試験機ではなく、複数の試験体に応じて固定方法,プッシュ回数,押下力,速度およびストローク幅を任意に設定でき、複数の試験体を設置できる試験機を製作しました。
★技能・技術習得目標:
 この開発では、押下する位置決め精度を保証する精密加工技術、X,Y,Z軸用アクチュエーターを指定された位置に正確に移動させる電子制御回路作成技術、試験機を利用しやすくするためのプログラム開発技術およびグループ(プロジェクト)開発に必要な管理・運営技法を習得します。

成果

 スイッチを押す「力」,「速度」,「ストローク幅」を独立に制御できる機構と制御方法を開発しました。また、パソコンを利用して、試験者が試験条件を設定しやすいインターフェースと容易に再試験できる機能を作成しました。
★アピールポイント:
 スイッチを押す「力」と「速度」の制御を分離するために「カム」による速度制御と「バネ」による力制御を同時にできる機構を考案し実際に作成しました。
 また、スイッチの押下位置の指定を簡単に行えるよう、画像処理による位置処理機能を取り入れました。
XY駆動式プッシュ試験機の開発(H26)の画像1
図1 システム概要
XY駆動式プッシュ試験機の開発(H26)の画像2
図2 プッシュ機構
XY駆動式プッシュ試験機の開発(H26)の画像3
図3 インターフェース画面