大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 マイクロコンピュータ工学実習、ディジタル回路基礎実習、組込み機器製作実習、電子回路設計製作実習、オペレーティングシステム実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

マイコンプログラミング技術、Bluetooth?通信技術、Android?アプリプログラミング技術、ディジタル回路設計技術、電子回路実装の技術および技能

製作の目的と概要

 最近の総合製作実習においては、製作するシステムの中に携帯端末を取り入れるケースが増えていますが、携帯端末上で動作するプログラムを作成するためには、Android? OSおよびJava?アプリケーションの知識が不可欠となります。今回は、障がい者の方が利用するデイサービス施設を運営する企業の方に協力頂き、障がい者の方が手以外の体の部分を使って携帯端末を操作できる「コミュニケーションパッド」を製作し、障がい者の方の生活の質(Quality Of Life)を高め、なおかつ学生の技術、技能レベルを向上させることを目的として、本製作のテーマを選定しました。
★技能・技術習得目標:
今回のテーマを通して、Android? OS、Java?アプリケーション、Bluetooth?通信の知識、技術の習得と、障がい者の方が操作できる特別な形状のジョイスティックと、ジョイスティックとマイコン間のインターフェース回路の設計、製作を通して、システムを設計、製作する技術と技能を身に着けることを目標としました。

成果

携帯端末においては、ユーザインターフェース部分とBluetooth?通信部分の2つを制御するAndroid?アプリを開発でき、Java?言語に対する理解を深め、ジョイスティックとマイコンのハードウェア部分についても、ディジタル回路およびBluetooth?通信モジュールに対する理解を深めることができました。
最終的には、協力頂いている企業のデイサービス施設に来られている障がい者の方に実際に使用して頂き、その使い勝手についてアドバイスを頂き、また来年度以降の総合制作実習のテーマのバックボーンとなる知識を蓄えることができました。
★アピールポイント:
 本「コミュニケーションパッド」を障がい者の方に実際に使用して頂いたことで、障がい者の方にとって使い易い機器とはどういうものであるかの知識を得ることができましたので、来年度以降の総合製作実習のテーマに活用していくことができます。
ハンディキャップサポート機器の製作「コミュニケーションパッド」(H26)の画像1
図1 システムブロック図
ハンディキャップサポート機器の製作「コミュニケーションパッド」(H26)の画像2
図2 タブレット画面
ハンディキャップサポート機器の製作「コミュニケーションパッド」(H26)の画像3
図3 ジョイスティック