大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 CAD/CAM応用、精密加工応用実習、電子回路技術、制御技術応用実習、電子回路設計製作実習、インターフェース設計製作実習、組込みデバイス設計実習、電子装置設計製作実習
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

CAD/CAM技術、モータ制御技術、電子回路技術、マイコン技術、組込技術、精密組立技術等

製作の目的と概要

 生産系システムの複合技術である3Dプリンタが普及し始めています。今まで学習してきた知識・技術を集大成することで、比較的高性能な3Dプリンタを構築できることを検証します。それを実践することと、注目されてきている3Dプリンタの使い方を習得し、CAD/CAM技術としてのものつくりを実践します。
また、これらを通して、社会人セミナー実施のための教材としての3Dプリンタの開発及び、教材として利用するための資料作成を行います。

★技能・技術習得目標:
 インターネットに公開されている各種情報を整理し、3Dプリンタを構築します。RepRap?として、広く普及している3Dプリンタにより製作した部品ではなく、機械加工による精度向上を意識した3Dプリンタを構築します。機構部やエクストルーダの設計等を行い、実際に制作しそれを実践評価しています。また、マイコン・電子回路等についても、セミナー実施等を考慮して、RepRap?をベースにポリテクモデルを作り上げました。

成果

精度向上を目的とした3Dプリンタの設計・構築
3Dプリンタ構築用のセミナーモデルの構築とセミナー実施補助
3Dプリンタ利用を目的としたセミナー教材の製作

★アピールポイント:
安価な3Dプリンタとして、精度向上を目的に設計し、その動作確認まで実施しています。精度については、市販のRepRap?プリンタに比較して安定しており、向上しています。ただし、造形時間が長くなっているために、セミナー等での利用は難しくなっています。
3Dプリンタの開発(H26)の画像1
図1 開発した3Dプリンタ
3Dプリンタの開発(H26)の画像2
図2 3Dプリンタで造形したオブジェクト