大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械力学、機械設計、精密加工、センサ回路設計、電子回路、実装設計、通信ネットワーク、プログラミング応用、組込みシステム設計
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

自動化機器の企画、設計、製作、組立調整、マイコン制御、応用電子回路、通信技術、課題発見分析能力、創造的開発能力、計画推進力

製作の目的と概要

 高齢者が高齢者の車椅子を押すシーンなどが増えています。パワーアシストは、車椅子からの立ち上がり動作の補助、介助者が車椅子を押す力の補助を手助けし介助者の体力的負担を軽減します。
各機能(走行部・立上がり部・フットサポート部)をアタッチメント化することにより市販の車椅子に取り付けることを可能にします。さらに、介護者だけで対処することができない事態に陥った時のため現在の位置情報を知らせる緊急連絡装置の開発を行います。
★技能・技術習得目標:
 パワーアシスト車椅子の開発を通して、「ものづくり」全工程を行うことで,複合した技能・技術及びその活用能力(課題発見分析能力、創造的開発能力、計画推進力等)を習得することを目的としています。具体的には、機械設計技術、切削加工、組立調整、センサ回路設計・製作、ネットワークを活用した監視や制御を複合的に活用した製品製造技術、製品設計製造情報のドキュメント作成及び管理技術などの習得を目標にします。

成果

 市販の介助用車椅子の持っている機能を保持したまま、以下の4つのアシスト機能の開発、ならびに、それぞれの機能のアタッチメント化を行いました。
?介護者の体力的負担を軽減するため、坂道などで車椅子を走行させる際に力の補助を行う走行アシスト機能
?車椅子から立ち上がる際に立ち上がりの動作をサポートする立ち上がり機能
?フットサポートの開閉の負担を軽減するフットサポート機能
?問題が発生した際にボタンを押すことで、現在の位置情報を家族などに送信できる緊急連絡機能
★アピールポイント:
生産システム技術系3科による課題製作において、「パワーアシスト車椅子の開発」のテーマに取り組み、以下のような結論が得られました。
?機械・電子・情報の3科の技能・技術の複合された課題です。
?グループ編成に重点を置くことにより、各自の能力を十分発揮できます。
?3科の専門要素に色々なアイデアが盛り込めます。
?プレゼンテーション能力、およびコミュニケーション能力の向上が図れます。
  2014年度九州ブロックポリテックビジョンにおいて、発表部門および展示部門において、ともに2位を受賞しました。
パワーアシスト車椅子の開発(H26)の画像1
図1 パワーアシスト車椅子外観図
パワーアシスト車椅子の開発(H26)の画像2
図2 走行アシスト取り付け図
パワーアシスト車椅子の開発(H26)の画像3
図3 フットサポート機能(開いた状態)