大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属島根職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電子回路設計製作実習、情報通信工学実習、データ構造アルゴリズム実習、マイクロコンピュータ工学実習、インタフェイス製作実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

電子回路組立て技能、Android?プログラミング技術、組込みマイコン技術、モータ制御技術

製作の目的と概要

 本課題では、無線LANを利用したカメラ搭載ラジコンを製作することにより、通信ネットワークの特徴及び設定、マイコンによるモータ制御、CADによる基板製作技術を習熟することを目的としました。学生が興味持って課題に取り組めるよう、身近になったスマートフォンを利用しました。これにより、Android?アプリケーション開発に必要な環境の構築やプログラミング技術の習得も目的としました。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、電子回路設計や基板製作技術、組込みマイコン技術、Andoroid?プログラミング技術を習得します。

成果

 Wi-Fiを利用して、タブレットからモータ制御及びモニタリングできるラジコンを製作しました。途中で通信が途切れても良いように、再接続用の機能を付加しています。
★アピールポイント:
 タブレットに表示される画像を見ながらラジコンを操作できるため、通信が可能な場所であれば、イベント等で楽しむことできます。
カメラ搭載ラジコンの製作(H26)の画像1
図1 ラジコン本体
カメラ搭載ラジコンの製作(H26)の画像2
図2 タブレット画面