大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属島根職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電子回路設計製作実習、情報通信工学実習、マイクロコンピュータ工学実習、インタフェイス製作実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

電子回路組立て技能、組込みマイコン技術、モータ制御技術

製作の目的と概要

 本課題では、コースの色を識別して読み取り、自動で制御するライントレーサを製作することにより、マイコンによるモータ制御、CADによる基板製作技術を習熟することを目的としました。学生が興味を持って課題に取り組めるよう、競技会に出場し、出来るだけ早く正確に走行するライントレーサを目指しました。これにより、電子回路やアルゴリズムを工夫し技術を高めることを目的としました。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、電子回路設計や基板製作技術、組込みマイコン技術、モータ制御技術を習得します。

成果

 改良を重ね、安定した走行が出来るライントレーサを製作することができました。競技会に出場することにより、多くのロボットを見学できたため、センサなどの電子部品の使い方やアイデアを知ることができました。
★アピールポイント:
 エンコーダを搭載したため、距離測定が可能になり、コースを覚えることができます。
マイコンを使用したライントレーサの製作(H26)の画像1
図1 ライントレーサ1号機
マイコンを使用したライントレーサの製作(H26)の画像2
図2 ライントレーサ2号機
マイコンを使用したライントレーサの製作(H26)の画像3
図3 ライントレーサ3号機