大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校 附属浜松職業能力開発短期大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電子回路工学?、機械工学概論?・?、電気機器学?・?、電気エネルギー概論、制御プログラミング実習、機械工作実習、CAD実習、環境・エネルギー実験、シーケンス回路実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械工学、有接点シーケンス制御技術、マイコン活用技術、メカトロニクス技術、機械加工技術、自動化システム技術、コミュニケーション能力

製作の目的と概要

 電気エネルギー制御科を説明する上で、電気自動車を製作するような内容が来場者にとってわかりやすく、また、学生もフォーミラ等の見学をした上で電気自動車を取り組みたいとの要望があり、電気自動車を製作することとしました。また、これまでに得た知識を活用し、製作できるものを考えウイングの上昇・下降システム、ナンバープレート回転システムを搭載し、展示においても来場者に興味を持ってもらえるようにするというコンセプトのもと製作を行いました。
★技能・技術習得目標:
 本課題では、マイコン、電気自動車駆動モータ、変形システム駆動モータといった、アクチュエータとコントローラを組み合わせる技能のほか、変形システムに必要な自動機の作成、その他電気エネルギー制御科としては取り組んだことのないFRPを用いたウイングの製作など、様々な技術・技能を習得することを目標としました。

成果

 電気自動車の性能について
製作・改良した内容がどの程度かを判断するためCQ出版社が主催するレースに出場しました。結果、8組中3位に入賞することができ、学校内で計測できなかった最大速度46km/hを出すことができました。また、1周2.4kmを最高4分22秒で回ることができました。
 自動変形システムについて
数々の試行錯誤の結果、FRPや塗装に関する技術を習得しウイング・ナンバープレートを製作することができました。また、3DCADを用いてウイング上昇・下降システム並びにナンバープレート回転システムを設計し、ほぼ設計通りの仕様を満足するシステムを作成することができました。また、ポリテクビジョンの展示までおよそ2週間を残しテーマとなる成果物を製作することができました。
★アピールポイント:
 子供が乗っても大人が安心できるように速度リミッタが設けられています。また、リミッタを解除すれば、約25km/hの速度で走行することができます。走行中にウイングを上昇・下降、ナンバープレートの回転を行うことができ、この操作は試乗者のほか、無線の信号をやりとりするため、見ている来場者の方でも行っていだだけます。
CQ出版社が主催するレースはポリテクカレッジ勢として初出場をすることができ、無事車検を通過することができました。EVカートの搬送にはポリテクカレッジ千葉様の協力を得て可能となり、大変感謝しています。また、レース前日の調整日にポリテクカレッジ千葉様においてオープンキャンパスに来られた来場者に試乗をしてもらうこともできました。こちらは機構のスケールメリットが活かせた結果だと思います。
自動変形システム ?電気自動車への搭載?(H26)の画像1
図1 車両外観
自動変形システム ?電気自動車への搭載?(H26)の画像2
図2 新聞記事
自動変形システム ?電気自動車への搭載?(H26)の画像3
図3 レース表彰式