大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械工学概論(?、?)、機械工作実習、電子回路工学(?、?)、電子CAD実習、インターフェイス技術、センサ工学、情報工学基礎実習、制御プログラミング
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械工作技術、電子回路設計技術、マイコン制御技術

製作の目的と概要

 ロボットアームは製品の搬送、組立等産業分野で幅広く使用されています。ロボットアームを使用することにより、製品搬送をする製造ラインの空間的配置、占有面積を軽減することができます。また、製作過程を通して、機械的機構の設計・製作、制御技術の総合的な力を身に付けることを目標とします。
★技能・技術習得目標:
 ロボットアームの製作を通して、設計、製作及び組立・調整技術等の総合的な実践力を身に付けるとともに、電子回路設計技術、マイコン制御技術、金属加工技術も身に付けます。

成果

 PS2?コントローラの操作量に応じて、RCサーボモータを回転させ、ロボットアームを動作させるようにしましました。指で円筒型の物を掴み、移動させることができました。掴む力は圧力センサにより調整を行い、掴む物によって、握力を調整できるようにしました。
★アピールポイント:
 本製作物は、マイコン制御により動作するロボットアームです。学生に馴染みのある家庭用ゲーム機のコントローラにより操作できるようにしています。関節部はRCサーボモータを使用しています。モータの回転角度の制御は、PWM制御により行っていますので、マイコンのタイマーの取り扱い方を学習することができます。ロボットの各部品は、金属、プラスチックの加工を行い、部品を作成しています。また、電子回路の設計、マイコンプログラミング技術を習得することができます。
ロボットアームの製作(H26)の画像1
図1 ロボットの概観
ロボットアームの製作(H26)の画像2
図2 表示部と制御回路
ロボットアームの製作(H26)の画像3
図3 回転部の構造