大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校 附属川内職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電子回路、情報通信工学、データ構造・アルゴリズム、組込みシステム工学、マイクロコンピュータ工学、インターフェース技術、ネットワーク技術、電子回路設計製作実習(CAD)
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

マイコンプログラミング技術、センサ技術、モータ制御、シリアル通信、無線化技術、アプリケーション開発、ロボット制御、基板作成

製作の目的と概要

 ロボットの設計・製作を通じて、専門課程で学んでいるマイコン、センサ、モータ制御、通信技術、アプリケーション開発など、実践的な技術を身につけることを目的としています。
★技能・技術習得目標:
 競技用ロボットの設計・製作を通して、設計・製作及び組立・調整技術等の総合的な実践力を身に付けるとともに、回路設計技術、制御技術、プログラミング技術、通信技術を身に付けます。

成果

 図1に示す競技に必要な以下の動作については全て正常に動作しました。
・フォトリフレクタとDCモータによるライントレース
・2足歩行ロボット用サーボモーターによるピンポン?玉の取込と発射
・中継用アプリケーションによる無線通信
★アピールポイント:
 オムニホイール?を使用したので、車体の向きを変えずに直角コーナーを曲がることができ、正確なライントレースができました。また、ピンポン?玉の取込がロボットらしくてカッコいいです。
競技用ロボットの設計・製作(H26)の画像1
図1 競技とロボットの構成
競技用ロボットの設計・製作(H26)の画像2
図2 取り込み・発射機構
競技用ロボットの設計・製作(H26)の画像3
図3 ロボットと投入台