大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 マイクロコンピュータ工学実習、組込みソフトウェア基礎実習、アナログ回路実習、ディジタル回路実習、インターフェース製作実習、電子回路設計製作実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

電子回路シミュレーション、プリント基板設計・製作技術、機械加工

製作の目的と概要

 エレキギターから入力された電気信号に歪みや揺らぎ、反響といった効果を与えるエフェクターという機器があります。与える効果ごとに様々な回路があり、プログラムによって効果を加えるものもあります。この機器には電子回路やプログラミング技術などを向上させる要素で構成されています。
この課題にて複数のエフェクター回路を設計・製作を行い、授業にて学んだ組込み技術の向上を図ります。
★技能・技術習得目標:
 本課題ではこのエフェクターの製作を通じて、アナログ・ディジタル回路設計、基板製作、プログラミングそして機械加工の技術を向上させることを目的としています。

成果

 「歪み」、「強調・減衰」と「残響」の効果を与える3種類のエフェクター回路を製作しました。さらにこの3種類の組み合わせを変更できる切替回路を加えました。それぞれの回路が音に十分な効果を与えていること、そしてボタン操作により効果の組み合わせを切り替えていることも試聴により確認しました。
増幅度や周波数特性を測定したところ、既製品と遜色ない結果となり技術力の向上が得られたと思っています。
★アピールポイント:
 九州ポリテックビジョンで発表、展示の両部門に出展し、電子情報系の展示部門において優秀賞を受賞しました。
エフェクターの製作(H26)の画像1
図1 内部回路のブロック図
エフェクターの製作(H26)の画像2
図2 完成図