大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 材料力学、機構学、機械製図、機械加工実習、CAD実習、精密測定
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計法、材料力学、旋盤・フライス盤を用いた機械加工、3次元CAD、工程管理、3Dプリンタ

製作の目的と概要

子供も乗れる遊具の設計及び製作を通して動力伝達機構・安全設計の習得を目的とし、手漕ぎ乗用車両の設計・製作を行いました。また、校外のイベント等への活用も視野に入れました。

★技能・技術習得目標:
設計から汎用機を用いた機械加工、組立調整を一貫して体験することで、ものづくりの基本を学びます。

成果

今回の課題を通して、仕様を満たすための力学計算、分解・組立性を考慮した設計、スムーズな動きをさせるためのクランク機構の設計などについて学ぶことができました。

★アピールポイント:
本体構造はアルミの角フレームを使用することで、長さの調整加工、穴あけが主体の加工になり、加工時間を短くすることができました。設計の時間や3Dプリンタを用いた試作の時間を多くとることができ、余裕をもって課題に取り組むことができました。
手漕ぎ乗用車両の設計・製作(H27)の画像1
図1 てこクランク機構の3Dモデルと 3Dプリンターで作成した1/10モデル
手漕ぎ乗用車両の設計・製作(H27)の画像2
図2 足回りの3Dのモデル
手漕ぎ乗用車両の設計・製作(H27)の画像3
図3 トロッコ全体図