大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校 附属青森職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 CAD実習?・?、機械工作、機械加工、精密測定
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

加工技術、2次元CADによる機械製図法・3次元CADによるモデリング技術

製作の目的と概要

 スターリングエンジンには、機械設計に重要な多くの要素部品が使われています。それらが一つの機械に含まれているため、多くの機械設計技術を身に付け、その他の機械の設計にも利用することができます。また外燃機関を知ることにより、「ものづくり」に対する興味を持ち、モチベーションの維持・向上にも繋がります。
★技能・技術習得目標:
スターリングエンジンの設計と製作を通して、金属材料の特徴と加工法との関係、金属材料の性質と構造との関係について理解させるとともに、製作意図、使用目的や使用条件に適合した製作品を構想図や製作図に表わしそれを製品として完成する総合的な能力を身に付けることを目標としました。

成果

 過去に動作実績のあるスターリングエンジンの寸法を変更し、制作を行いました。また、熱による影響や空気の気密性により性能が変わることから、各部品の寸法を変更し、実験を行いました。
★アピールポイント:
スターリングエンジンの製作を通して、金属の特徴や加工法についての基本的な事項を習得するとともに、金属製品の製作および合理的な利用に際して、主体的に取り組み、創意・工夫していくことで「ものづくり」に対する興味を持ち、総合的な能力を習得しました。
スターリングエンジンの設計・製作(H27)の画像1
図1 スターリングエンジン(試作)
スターリングエンジンの設計・製作(H27)の画像2
図2 連結板(比較)
スターリングエンジンの設計・製作(H27)の画像3
図3 加熱シリンダー(比較)