大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校 成田校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、製図、測定、CAD/CAM、メカニズム、力学
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

主に旋盤、フライス盤、NC旋盤、マシニングセンタ、CAD/CAM

製作の目的と概要

 機械加工及び測定の技能・技術の習得を目標としています。汎用機械、NC工作機械を使用した部品製作を通して、加工の段取りや冶具についても学習するため技能向上・知識を習得する課題に適しています。

★技能・技術習得目標:
 今まで学んだ経験を基に自らが考え、製作することで技能の向上を図ります。また、製作する部品が多いため限られた期間で加工、測定、組立を進める「スケジュール管理」能力が必要となり、打合せを通して「協調性」や「考え、乗り越える力」の習得を目指します。

成果

 汎用工作機械及びNC工作機械における技能が向上しました。今までの授業で使用した測定器を使用して、指示された精度に加工することができました。また、決められた期間内に課題を完成させることができました。


★アピールポイント:
NC旋盤においてミーリング機能や割り出し機能について習得しました。また、発生したアラームへの対処方法も習得しました。旋盤では、ローレット加工やねじ切りにも挑戦し、技能が大きく向上しました。
加工の段取りや冶具の必要性を理解し、知識の幅が広がりました。
手動クランプ装置の製作(H27)の画像1
図1 完成品
手動クランプ装置の製作(H27)の画像2
図2 使用した冶具
手動クランプ装置の製作(H27)の画像3
図3 旋盤で製作した部品