大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械加工実習、数値制御加工実習、CAD/CAM実習、測定実習、精密加工実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

プラスチック射出成形金型に関する基礎知識、金型設計・製作のための3次元CAD/CAM技術、MC加工技術

製作の目的と概要

 本課題では、金型製作に取り組むことにより、製品設計・金型設計・金型加工・樹脂成形・評価と、ものづくりの一連の流れを理解するとともに、高精度な製作物が要求されることから、設計・加工の重要性を理解し、加工技術の向上を目的としました。大学校の射出成形機は最大型締め力が25000kgfであるため、対応する成形品の設計としました。また製品を解析し、技術要素を理解することで技術向上を目指すことも取り入れ、レゴ?ブロックに近い成形品としました。
★技能・技術習得目標:
課題では加工部品の数が多いため、マシニングセンタによる様々な加工技術の習得が期待できます。

成果

 金型製作の過程を通じて、授業では繰り返し操作することが少ない三次元測定機や3Dプリンタ・平面研削盤など多くの技術の習得が図られたと考えます。また加工数が多いことなどから初歩的なミスや、中にはヒヤッとするようなミスの経験、さらには難しい加工などは常にグループで解決することにより、実践的な加工技術が経験できたと考えます。
★アピールポイント:
樹脂成形した製品はブロックとして遊ぶことができ、誰にでも手にとって自由に触れるためポリテクビジョンの展示においても興味を引き付けることができ、それをきっかけに金型技術の成果をアピールすることができました。
プラスチック射出成形金型の設計・製作(H27)の画像1
図1 完成したモールドベース
プラスチック射出成形金型の設計・製作(H27)の画像2
図2 今回の成形品
プラスチック射出成形金型の設計・製作(H27)の画像3
図3 流動解析結果