大学校及び設置科 四国職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械加工実習(?、?)CAD実習(I、?)
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

3次元CAD技術、機械設計、マシニングセンタ・ターニングセンタのプログラミング及び加工技術、普通旋盤やフライス盤での加工技術

製作の目的と概要

通常はフライス盤加工で行う立方体形状の加工を汎用旋盤を使用して行います。また3重の入れ子構造にすることすることで複雑な形状とし、加工の難易度を上げています。製作を通して加工技術だけでなく、加工手順の検討や必要な治具の設計・製作を行い専門課程で習得した総合的な知識・技能を深めることを目的とします。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、総合的な加工技術の習熟および治具設計に係る知識・技能を習得します。

成果

形状の検討から設計、製作までの一連の流れを体験させることで、ものづくりの面白さや難しさを実感させることができました。形状の検討では3DCADや3Dプリンタ使用しました。検討した形状を実際に加工し、何度も試作を重ねながら取り組むことで、技術面だけでなく精神面においての成長にもつながりました。
また、加工手順の検討や材料の取り付けを簡単にするための治具の設計・製作も行い、総合的な技術を習得することができました。

★アピールポイント:
3重の入れ子構造で中に入っているキューブが抜け落ちないように形状を工夫している点と円筒形状を得意とする汎用旋盤を使用して立方体形状を作成している点です。
トリプルキューブの作成(H27)の画像1
図1 製作治具
トリプルキューブの作成(H27)の画像2
図2 3Dモデリング
トリプルキューブの作成(H27)の画像3
図3 トリプルキューブ完成品