大学校及び設置科 北海道職業能力開発大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電気工学基礎実験、電気機器学(?・?)、電気機器実験、環境エネルギー工学、環境・エネルギー実験、機械工作実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

測定器の取扱い、電気機器の応用方法、自然エネルギーの有効利用技術、機械工作技術

製作の目的と概要

地球温暖化対策のため安心安全な自然エネルギーの普及は勿論、より省エネで効率のよいエネルギーの開発も同時に進めていかなくてはなりません。今回試作したマグナス風車はマグナス効果を利用して揚力を得るといったもので、低速回転で発電する為、静粛性に富み、騒音やバードストライクの危険も避けられるといった特徴があります。また、既存のマグナス風車と違う所は円柱ブレードを回転させるためにモータではなく、垂直軸風車を取り付けたところになります。これにより省エネが図られると共に本来の意味での風力を使ったエネルギーを得られていると考えました。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、電気機器の活用例、風力発電の仕組み、製作した装置の評価できる技術を習得します。

成果

マグナス風車の設計・試作を行いました。完成後は、屋内で風力実験装置を使用し、装置の動作確認を行い特性の検証を行いました。
★アピールポイント:
ポリテックビジョンのときに展示発表を行い、来場者に対して自然エネルギーの有効活用技術や電気エネルギー制御科での取り組み状況について、広くPR活動を行うことができました。
マグナス風車の試作と検証(H27)の画像1
図1 正面図
マグナス風車の試作と検証(H27)の画像2
図2 製作物