大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電気回路??、電子回路工学??、電子回路基礎実験、シーケンス制御、シーケンス制御実習??、CAD実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

シーケンス制御技術、CAD技術、機械設計技術、電子回路技術

製作の目的と概要

これまでに電気エネルギー制御科で学んできた技能・技術を活かすことができ、ポリテックビジョンで開催されるロボット競技会があることから、サッカーロボットの製作をしました。ロボットをゼロから製作することでものづくりの製作手順やグループ作業の難しさを学ぶことを目的としました。

★技能・技術習得目標:
サッカーロボッのト製作をグループで取り組むことで、設計・製作及び組立。調整等の実践力を身に着けるとともにスケジュール管理ができるように設定しました。

成果

自律型のサッカーロボットを製作することができました。ボールを見つけるためのセンサ位置や、ボールを保持するための機構は、限られた範囲で調整することにかなり苦戦していましたが、設計の大切さや難しさを理解することができたと思います。制御するプログラムはラダーで作成しましたが、授業で学んだシーケンス制御を生かして学生達の構想通りの制御ができるようになっています。ポリテックビジョンで競技会の結果がどのような結果になっても学生達は自分たちの力で完成させた経験は今後、活かされると思っています。

★アピールポイント:
競技会では2台までロボットを参加させることができますが、攻撃用ロボット(図2)と守備用のロボット(図3)を製作し、攻撃用はボール保持をし、相手ゴールを目指す制御なっています。また、守備用ロボットは自陣ゴール前でボールを検出後はじき返し、元の位置に戻る制御になっています。
サッカーロボットの製作(H27)の画像1
図1 設計図
サッカーロボットの製作(H27)の画像2
図2 攻撃用ロボット
サッカーロボットの製作(H27)の画像3
図3 守備用ロボット