大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属福山職業能力開発短期大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械工作実習、電子回路工学?・?、電子工学基礎実験、電子回路基礎実験、センサ工学、制御プログラミング、制御プログラミング実習、マイコン制御実習、電子CAD実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

C言語プログラミング技術、Visual Basic?プログラミング技術、電子回路技術、シリアル通信処理

製作の目的と概要

ゲームセンターなどに設置されているストラックアウトは9分割や16分割というようにあらかじめ分割数が決められています。また、ボールの当たり判定には機械式のスイッチが使用されています。
 本課題では、当たり判定に赤外線LEDと赤外線リモコンモジュールを用いて非接触で行うことにより、分割数を4分割、9分割および16分割に変更できるようにしました。対戦モードやチャレンジモードといったゲーム性を持たせることで、子供から大人までが楽しめるストラックアウトを製作しました。
★技能・技術習得目標:
 課題をとおして、プログラミング技術、電子回路技術、シリアル通信処理およびセンサの調整方法などを習得します。

成果

分割数の変更を行えるストラックアウトを製作しました。
5つのモードを選択することでただ的に当てるだけでなくゲーム感覚で楽しめるものを製作しました。

★アピールポイント:
学生自らの発想でストラックアウトにオセロゲームのルールや、当てる場所をランダムに指定した対戦要素を加えることでゲーム性を向上することができました。
ストラックアウトの製作(H27)の画像1
図1 システム構成
ストラックアウトの製作(H27)の画像2
図2 モード選択画面
ストラックアウトの製作(H27)の画像3
図3 完成写真