大学校及び設置科 四国職業能力開発大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 ディジタル電子回路、アナログ電子回路、電気機器、マイコン制御
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

電気理論、電子回路技術、基板作成、総合的なものづくり

製作の目的と概要

二酸化炭素排出による地球規模の温暖化や環境汚染への対策が求められており、排ガス、騒音規制の強化によって2サイクルバイクが日本国内で製造されなくなりました。中古車としては依然として多くの2サイクルバイクが流通してますが、メーカーの保障が切れることで、部品が製造されなくなってきており、近い将来には市場に流通する多くの中古2サイクルバイクが廃棄物になると予想されます。このため、中古2サイクルバイクを有効利用する解決策として、本テーマを選定しました。
★技能・技術習得目標:
電子回路工学・電気機器学・インターフェース技術・センサ工学・制御プログラミング実習について復習・再習得し、自分の持てる技術を駆使して1つの成果物を作り上げます。コンバートEVの製作を通して、設計、製作及び組立・調整技術等の総合的な実践力を身に付けます。

成果

コンバートEVの製作にあたっては、ブラシレスDCモータの制御が最も重要な課題となっており、本テーマを通じてモータ・電子回路・センサ・マイコンを利用した回路について学び、インバータやPWM制御といったパワーエレクトロニクス技術についての知識を深めることが出来ました。

★アピールポイント:
 安く譲って頂いたボロボロの車体を使用したので、完成はどうなることかと思いましたが、学生が1人で加工を頑張ったおかげで、しっかりした車体を作ることができました。
2サイクルバイクを用いたコンバートEVの製作(H27)の画像1
図1 システム構成
2サイクルバイクを用いたコンバートEVの製作(H27)の画像2
図2 ブラシレスDCモータ駆動回路図
2サイクルバイクを用いたコンバートEVの製作(H27)の画像3
図3 完成写真