大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校 附属川内職業能力開発短期大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械工学概論?・?、機械工作実習、CAD実習、シーケンス制御実習?・?、FAシステム実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

アクチュエータの選定技術、メカニズムの利用とCAD技術、センサー選定技術、プログラミング技術

製作の目的と概要

現在の工場は、自動化が推進され無人化された工場も少なくありません。当科の仕上がり像の1つである制御関連技術においてFAシステム技術があり、システム化するそれぞれのステーションは、個々の自動機で構成されています。この自動機を製作することにより、構成するメカニズム、アクチュエータ、コントローラ、センサなどの要素を理解し、メカ設計・機械加工技術及びプログラミング技術を習得できます。
★技能・技術習得目標:
この課題においては、設計、機械加工、組立・調整、プログラムの開発、検査・評価・報告までの「ものづくり」に係る一連の工程について、実習を通して習得することで、実務に適応する技能・技術を身に付けます。また、製作に係るコストの算出、製作スケジュールの計画、役割分担といった管理能力から、情報の共有や協調性などのチームワーク力・コミュニケーション力についても身に付けることができます。

成果

 身近にある装置をテーマとして取り組み、ゲームセンターなどで配置されているクレーンゲーム機と同等の機能を持つ装置を製作できました。メカニズム、アクチュエータ、センサなどの選定、機械CADによる設計図面の作成などクリアすべき課題が多くありましたが、これらの課題をテーマとして取り上げることによって、「ものづくり」に対する興味を持ち、学生自身がグループワークの中で創意工夫することで解決していく力を身に付けることができました。
★アピールポイント:
電気エネルギー制御科の学生において、機械CADや機械加工など機械的要素を多く取り入れた課題です。また、ポリテックビジョンにおいて、作品を展示した際、多くの小中学生に興味を持ってもらい、楽しく動かしてもらうことができました。イベントへの出展などでは、人気、集客のポイントとなる装置です。
クレーンゲーム機の設計・製作(H27)の画像1
図1 全体写真
クレーンゲーム機の設計・製作(H27)の画像2
図2 開閉メカニズム
クレーンゲーム機の設計・製作(H27)の画像3
図3 ポリテックビジョンでの展示