大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 組込みプログラミング基礎実習、マイクロコンピュータ工学、センサ工学
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

Python?プログラミング、センサ回路の設計とマイコンインターフェース技術

製作の目的と概要

近年バーチャルリアリティ技術が注目を浴びています。没入感を高めるためには高額な外部装置が必要です。しかし、市販の製品にセンサを取り付けマイクロコンピュータで制御することで安価な装置を準備することができます。本課題では大学校の位置する小山市の史跡再現と体感システムの構築を目標にシステムを開発することにしました。

★技能・技術習得目標:
課題を通して、マイクロコンピュータの入出力、Python?言語ならびにプラグインによる仮想シリアルインターフェースの構築をはじめとした、ソフトウェア、ハードウェアを統合した開発技術を習得します。

成果

資料を基に祇園城の建築物を予測し、モデリングを行いました。また自転車にセンサを搭載し、マイコンを用いた簡易的な入力装置を製作しました。
★アピールポイント:
ポリテックビジョンでは成果物の展示を行い、入場者に体験してもらいました。
VR開発環境を用いた祇園城の構築(H27)の画像1
図1 モデリング画面
VR開発環境を用いた祇園城の構築(H27)の画像2
図2 システムでの表示例
VR開発環境を用いた祇園城の構築(H27)の画像3
図3 自転車に設置したセンサ