大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 デジタル回路技術および実習、電子回路設計製作実習、マイクロコンピュータ工学および実習、インターフェース技術および実習、組込みソフトウェア基礎実習、組込みソフトウェア応用実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

電子CADによる回路設計、基板設計・加工技術、ダイナミック点灯制御、PWM制御、32ビットマイコンプログラミング技術、LEDドライバICのプログラム制御

製作の目的と概要

 LED CUBEはLEDマトリクスを立体的に配列し、さまざまなパターン・発光色で点灯させるもので,視覚的効果が大きいことや電子情報の技術要素を多く含む展示物として適しています。CUBEを設計・製作し,種々の文字やパターンを表示するデモンストレーション展示物として完成させることを目標とします。
★技能・技術習得目標:
 電子CADを使った回路設計や基板設計および基板の自動加工に関する技術を習得すること、電子部品の実装技術を習得すること、C言語によるプログラミングの点灯制御への応用技術を習得することを目標としています。

成果

LED CUBEの骨組み本体が完成し、簡易的な筐体も合わせて製作し収めることができました。マイコンによる基本的な点灯制御も確認でき、3種類の点灯パターンのプログラムを制作することができました。
2月末のポリテックビジョンにおいて科代表の発表と展示を行い、多くの来場者に製作物が動作している様子を披露することができました。
★アピールポイント:
LEDを立体的に配列しさまざまなパターン・発光色で点灯させるもので,視覚的効果が大きいことや電子情報の技術要素を多く含む展示物として適しています。3次元の立体点灯によるイルミネーションは、2次元の平面的な見せ方に比べ、誘目性や表現力がなどが格段に高まり、人目を引く効果に大きな期待がもてます。
LED CUBEの製作?(H27)の画像1
図1 完成したLED CUBE
LED CUBEの製作?(H27)の画像2
図2 メイン基板CAD図面
LED CUBEの製作?(H27)の画像3
図3 回路ブロック図