大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 マイクロコンピュータ工学実習、ディジタル回路基礎実習、インターフェース製作実習、アナログ回路技術、電子回路設計製作実習、機械工作実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

マイコンプログラミング技術、センサ回路設計技術、ディジタル回路設計技術、アナログ回路設計技術、電子回路実装の技術および技能、筐体や取り付け用アングル製作などの機械加工技術および技能

製作の目的と概要

障がい者の方の中には、体のコントロールがほとんど出来ず、電動車椅子に乗って生活している方も多くいらっしゃいますが、電動車椅子を利用するにあたり、いろいろと不便を感じていることも多くあります。
 その不便さを少しでも軽減し、障がい者の方の生活の質(Quality Of Life)を高め、なおかつ、障がい者の方の日常生活に関する学生の認識度と共に、バリアフリーの重要性を再認識してもらい、学生自身の技術、技能レベルを向上させることを目的として、本製作のテーマを選定しました。
★技能・技術習得目標:
 本テーマにおける設計と製作を通して、超音波センサからのデータ入力やLED表示器等へのデータ出力を行うマイコン周辺回路設計技術、ジョイスティック操作によりカメラからの入力画像をアナログスイッチ回路で切り替える回路技術、および、以上のブロックを制御するプログラミング技術、基板を格納する筐体製作、センサ取り付け用アングル製作などの機械加工技術と技能を習得することを目的としました。

成果

本テーマの製作物の評価に協力して頂いている企業のデイ・サービス拠点において、製作物のデモンストレーションを行い、その完成度を評価して頂きました。
今回の製作物の完成度の高さから、来年度の総合製作実習については、更に難しく、高いニーズのある別のテーマをやって欲しいとの要望を頂きました。
★アピールポイント:
今回の製作物はあくまでも「ひな形」ですが、電動車椅子へ付加する装置としては、十分に模倣可能な構成となっていますので、今回の付加装置をより小型化して実用化を目指すことも可能であると考えます。
ハンデキャップサポート機器の製作「車椅子に取り付ける高付加価値機器の開発」(H27)の画像1
図1 全体システムブロック図
ハンデキャップサポート機器の製作「車椅子に取り付ける高付加価値機器の開発」(H27)の画像2
図2 製作物前方外観
ハンデキャップサポート機器の製作「車椅子に取り付ける高付加価値機器の開発」(H27)の画像3
図3 製作物後方外観