大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校 附属新潟職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 C言語,マイクロコンピュータ工学,インターフェイス技術,電子回路設計製作実習,デジタル回路基礎実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

マイクロコンピュータプログラミング,デジタル回路設計技術,CADを使用したプリント基板の作成手法

製作の目的と概要

 制作者がルービックキューブ?を趣味としていました。趣味に関係し、きれいに光る作品を作りたいと思い、電子ルービックキューブを製作することにした。また、さらに進学するにあたり、半田付けやプログラミングの練習も目的としました。
 目的は、次のようになります。
? フルカラーLEDを使用してキューブを製作する。
? ジョイスティック?を使用してキューブの色を移動させる。
? 制御にはマイクロコンピュータを使用する。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、回路とソフトウェアのバランスをとりながらシステム全体の回路設計が行えるようになること。また、プログラミング技術、CADを利用した回路・プリント基板設計の回路設計技術を習得します。

成果

電子式のルービックキューブ?を製作することができました。
★アピールポイント:
 本物のルービックキューブ?よりそろえることは大変ですが、光り輝くキューブはきれいです。
電子ルービックキューブ?の製作(H27)の画像1
図1 キューブ基板
電子ルービックキューブ?の製作(H27)の画像2
図2 ブロック図
電子ルービックキューブ?の製作(H27)の画像3
図3 電子式ルービックキューブ