大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属島根職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 移動体通信技術、データ構造・アルゴリズム実習、組込みオペレーティングシステム、ソフトウェア制作実習?、ソフトウェア制作実習?、ネットワーク技術
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

Webプログラミング技術、データベースプログラミング技術、ホームページ作成用プログラミング技術、ネットワーク構築技術、サーバ構築技術

製作の目的と概要

作成以前では、時間割の情報を紙による配布で時間割の変更があるごとに受け取り、最新のものがどれかわからなくなったりすることがありました。そこで、紙による配布ではできない迅速な情報の提示を目指したからである。時間割の伝達ミスを最大限なくすこと、紙で配布しなくなることから省資源にもなることが今回の制作の目的です。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、Webアプリケーション制作のためにプログラムを中心とし、データベース、ホームページ作成などのシステム開発技術を習得します。

成果

授業で学んだこと技術を生かし、仮想マシンにLinux?のインストールを行い、そこに時間割管理システムを作成しました。仮想マシンを利用していることから、サーバの移設などが容易に行うことも可能にしました。このシステムを制作し、利用することにより、紙による配布を削減し、伝達ミスを少なくすることができたと思います。

★アピールポイント:
時間割情報を見る側には、検索機能などを盛り込み必要な情報にアクセスしやすいものにすることを心がけて作成し、使いやすくなっています。情報入力者側にもできるだけ難しい入力方法を求めるものではなく、簡単に行えるように画面作成を行いました。
時間割管理システムの制作(H27)の画像1
図1 サーバー構成図
時間割管理システムの制作(H27)の画像2
図2 時間割情報表示画面
時間割管理システムの制作(H27)の画像3
図3 入力者側画面