大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校居住・建築システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 鉄筋コンクリート施工・施工管理課題実習、創造的開発技法、施工図書実習???
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

工程管理能力、品質管理能力、安全管理能力、原価管理能力

製作の目的と概要

鉄筋コンクリート造の建築物を学生が計画段階から施工及び施工管理まで、本来分業となっている複数の職種を一貫して経験することで、鉄筋コンクリート造に関する設計図書、施工図書作成、施工・施工管理に関する技術を習得します。また、鉄筋コンクリート施工・施工管理課題実習では経験のない階段を計画、施工することで、スキルアップを目指します。
★技能・技術習得目標:
本課題を通して、鉄筋コンクリート造構造設計、鉄筋コンクリート施工・施工管理技術を養います。

成果

学生が主体となり、休業災害もなく屋外階段付の鉄筋コンクリート造の躯体を完成させました。
★アピールポイント:
学生が一から考えて竣工させました。未経験であった階段の施工は、書籍を調べ、企業実習時に情報収集して完成させました。
RC躯体施工及び施工管理(H27)の画像1
図1 躯体竣工写真
RC躯体施工及び施工管理(H27)の画像2
図2 躯体図・階段支保工図