大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校住居環境科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 建築施工実習?,施工図実習?,建築史
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

木割り,規矩術,木造施工

製作の目的と概要

柱建て四方転びの制作をとおして、在来軸組構法と古建築の相違を理解し、併せて、在来軸組構法に至る変遷を理解します。特に、木割りや規矩術を学び、実践することによって、古建築に関する造詣を深め、建築に対する見識を高めます。

★技能・技術習得目標:
柱建て四方転びである鐘楼の制作をとおして、古建築物の設計や施工に用いられる木割りや規矩術の知識や技能を習得します。

成果

はじめに、四方転びを活かして作成している踏み台を作成し、四方転びの設計、制作法を理解しました。次に、原寸大の鐘楼を制作するにあたり、図面や部材加工に誤りがあると、制作時間や費用が嵩むため、1/2模型で確認した後に、鐘楼の制作を行いました。
★アピールポイント:
ポリテックビジョンの際は、踏み台、鐘楼1/2模型を展示しました。四方転びを用いて制作した踏み台は、安定感があることを来場者に、体感していただきました。また、会場横に作成したものを見学していただきました。
柱建て四方転びの制作(H27)の画像1
図1 踏み台写真
柱建て四方転びの制作(H27)の画像2
図2 鐘楼立面図
柱建て四方転びの制作(H27)の画像3
図3 鐘楼完成写真