• カリキュラムモデル
  • カリキュラム関連情報

カリキュラムモデル

分類番号 H919-417-3

訓練分野 居住系(H)
訓練コース 示差走査熱量計を用いた実践分析技術
訓練対象者 企業の生産現場において重要な役割を担う職位にあるもので、示差走査熱量計(DSC)の分析に関する実践的な分析技術を学びたい者
訓練目標 高分子材料や生体物質に関する示差走査熱量計(DSC)を用いた熱分析を通して、試料前処理法や熱量計の校正法などの実践的技術を習得する。
教科の細目 内容 訓練時間(H)
1 概 論 (1)専門能力の確認
(2)分析上の問題点の確認
(3)熱分析法概論
(4)熱分析法の分類と特長
(5)示差走査熱量計に関する分析理論
2
2 原 理 (1)装置構成
(2)DTAの原理
(3)DSCの原理
(4)DTAとDSC分析の比較と特性
2
3 分析手法 (1)サンプル容器の選定
(2)サンプル量の影響
(3)リファレンス試料の選定法
(4)温度範囲と昇温速度の検討
2
4 装置校正 (1)インジュウムを用いた温度校正
(2)インジュウムを用いた熱量校正
1.5
5 応用分析 (1)ポリエチレンの融解ピークの測定と解析
(2)ポリエチレンテレフタレート(PET)のガラス転移点の測定と解析
(3)タンパク質の熱変性の測定と解析
4
6 確認・評価 (1)分析結果整理
(2)分析結果発表
(3)問題点の整理と確認
(4)分析結果講評と評価
0.5
  訓練時間合計 12
使用器具等 示差走査熱量計、銀製密封試料容器

カリキュラムモデル・カリキュラム関連情報のダウンロード