職業能力開発技術誌 技能と技術 Vol.48 2013年3号 通巻第273号
32/43

-30-技能と技術 3/2013・友人への優しさの表れキーワードキーワードキーワード○相手の立場、役割の理解○相手の立場、役割の理解○他者の良さ、長所、得意面○異性との違い○異性との違い○相手を褒める○先輩、同輩、後輩、教師等の意識○先輩、同輩、後輩、教師等の意識○将来の可能性○作業・実習場面等○集団活動への参加教科・領域等(主な指導・支援の場)・作業結果の確認による仕事の責任教科・領域等(主な指導・支援の場)○各専門教科・他者の作業を見ての相互評価等○ライフプランニング○ライフプランニング等教科・領域等(主な指導・支援の場)○特別活動、HR等○各専門教科○ライフプランニング等□友人の良さを意識した言動ができる□自他の役割を意識し、相手の立場を理解した□友人への優しさが現れる。言動ができる。□相手の立場やチームとしての向上を意識した言動ができる。チームワークチームワークチームワーク□人社1.2.3-3集団活動への参加□人社4-3集団における役割の理解と協力□人社5.6-3集団の一員としての役割遂行、協働・集団活動に進んで参加し、教師や友人・集団活動における目的を共有し、役割を理解し・リーダーとフォロワーの立場を理解し、チーとの良い関係を築きながら活動する。て、協力して成し遂げる。ムとして協力・共同して活動に取り組む。キーワードキーワードキーワード○集団内での共通の興味・関心○他者からの教え、他者への助け○集団内での自分の役割や関係性の理解○一緒の活動の楽しさ○集団としての目的共有○他者と協力しての活動○仲間意識、達成感○協力しながら活動への取り組み○他者への失敗の伝え、他者からの指摘○助け合う大切さ○役割分担と自分の仕事の責任に対する自分の理解等、チームとして教科・領域等(主な指導・支援の場)○集団で取り組む満足感協調して仕事をすること○ライフプランニング○仕事のきまりや指示の遵守○職場内で様々な立場の人が居ることの○特別活動、HR等○他の人の仕事へ不要な手出し口出しをし理解、リーダーとフォロワーの関係ない事教科・領域等(主な指導・支援の場)教科・領域等(主な指導・支援の場)○各専門教科以下、略資料3平成24年度「キャリアプランニング・マトリックス(学習指導要領記載版)・『キャリアプランニング能力』」(学習指導要領の内容や解説記載)(資料の一部抜粋)第1,2段階(本校マトリックス表記)第3段階(本校マトリックス表記)第4段階(本校マトリックス表記)第5,6段階(本校マトリックス表記)(小学部の学習指導要領の内容や解説記載)(中学部の学習指導要領の内容や解説記載)(高等部の学習指導要領の内容や解説記載)(学指上の内容1.2.3.の各段階を表記)(学指上の内容1.の段階を4.として表記)(学指上の内容1.2.の各段階を5.6.として表記)基人キはたらくよろこび働く喜び+役割の理解と働くことの意義働く喜び+役割の理解と働くことの意義礎生ャ□キャリア1.2.3-1自分が果たす役割の理解と実行□キャリア4-1様々な職業があることや働くことに関する体験□キャリア5.6-1職業及び働くことの意義と社会生活において的設リ以下一部中略・計ア学習指導要1教師と一緒に簡単な手伝いや仕事をす4働くことに関心をもち、作業や実習に参加し、5働くことの意義を理解し、作業や実習に取り汎力プ領との関連る。働く喜びを味わう。組み、働く喜びを味わう。用ラ2教師の援助を受けながら簡単な手伝い(中学部「職業・家庭」以下同)(高等部「職業」以下同)的ンや仕事をする。(働くことに関心をもち)について(働くことの意義を理解し)について能ニ3日常生活で簡単な手伝いや仕事を進ん○意味:物を作ったり、育てたりする活動に興○意味:勤労の意味が分かること。力ンでする。味をもち、作る、育てるなどの目的的○留意点:進んで働くことをとおして、働くグ(手伝い・仕事)についてな活動が働くことにつながることに気ことの意味が分かるようにするこ能○説明:手伝い・仕事は、(手伝い)(整付くようにすること。とに留意する。力理整頓)(戸締まり)(掃除)(後(作業や実習に参加し、働く喜びを味わう)につ□周囲の人々は皆、社会の中で働きながら生片付け)に分けられる。いて活をしていることが分かる。[手伝い]について○意味:学校における作業や産業現場等におい□人々は働くことを誇りとしていることが分○内容:物を配ったり届けたりするこて、作業の準備(下文参照)、主たる作かる。と。業活動、作業の片付けなどの一連の活□働くことをとおして、充実感や生きがいを:伝言を届けること。動に、生徒が実際に取り組み、それぞもてるようになることなどが分かる。:作業を手伝うことなど。れの活動を確実に成し遂げ、達成感や□働くことを人々が尊重していることを知○1段階:教師と一緒に、配布物を配成就感をもったり、製品などへの感想る。ったり、教材等を運搬したを受けて満足感を味わったりして、働(作業や実習に取り組み)についてりすることなど。手伝いのくことに関心がもてるようになること。○意味:具体的な作業や実習場面での経験や意味が十分に理解できない□学校における作業や産業現場等において、体験を通じて、一つ一つの作業工程児童にとっても、徐々に手手洗いや身支度、作業手順や工程の確認、の手順が分かり、その工程に必要な伝うことの喜びが味わえる材料や道具の用意などの作業の準備の活動仕事を成し遂げること、一定期間にようにすることが大切。を確実に成し遂げることができる。一連の活動を成し遂げること。○2段階:教師の援助を受けながら□学校における作業や産業現場等において、□学校における作業や産業現場等における実も、できるだけ自分で配布作ること、育てること、運ぶこと、計数や習で、手洗いや身支度、作業手順や工程の物の手伝いをしたり、他の計量を行うことなどの主たる作業の活動を確認、材料や道具の用意、作業目標の確認教室へ教材等を運んだりす確実に成し遂げることができる。などの作業の準備を確実に成し遂げることること。□学校における作業や産業現場等において、ができる。:簡単な道具や器具を教師と半完成品の整理、完成品の計数や整理、材□学校における作業や産業現場等における実一緒に使用して、作業の手や道具の片付け、諸点検などの作業の片付習で、作ること、育てること、運ぶこと、伝いをすることが大切。けの活動を確実に成し遂げることができる。計数や計量を行うこと、伝票等の処理をす留意点:安全に留意するとともに、□それぞれの活動を確実に成し遂げ、達成感ること、清掃や販売活動などをすること、個々の児童に応じた手伝い成就感、満足感をもったりして、働くことなどの作業活動を確実に成し遂げることがを設定することにより、手に関心をもつことができる。できる。伝いをすることに意欲がも(他の指導上の留意点)□学校における作業や産業現場等におけるてるようにすることが大切。○作業分担を明確に、作業工程や活動全体が実習で、半完成品の整理、完成品の計数や○3段階:日常生活の中で、自分から見通せること、安全等にも配慮した作業場整理、材料や道具の片付け、諸点検、作業調理や製作などの様々な活所の設定等が重要。の評価、売上げなどの確認や報告などの作動の手伝いをすること。○個々の役割分担、道具・補助具の工夫、作業の片付けを確実に成し遂げることができ留意点:担任以外の教師とも連絡を取業場・作業環境の整備、衛生の配慮の必要。る。り合い、適切な指導が行われ○作業製品に触れての感想の発表、等を大切に○留意点:作業や実習においては、そうしたるよう協力体制を心掛けておする。一連の活動に取り組むことをとおくことが大切。して、確実性、持続性、巧緻性、:道具や器具に慣れるととも安全・衛生に気を付ける態度などに、それらを大切に扱いながを育て習慣化することに留意すら安全に仕事の手伝いをするる。ことが大切。○留意点:道具等を扱う場合は、道具(働く喜びを味わう)について等の正しく安全な使用方法○意味:物を作ったり、作物を育てたりするをきめ細かく指導すること活動に意欲的に取り組み、成就感をが必要。得て、仕事への自信をもてるように:刃物、ガス器具、電気器具なること、さらに積極的に仕事に取等危険を伴う道具や器具のり組めるようになること。扱いについては、安全に十分配慮し、適切な使用方法を指導する必要がある。以下、略・友人への優しさの表れキーワードキーワードキーワード○相手の立場、役割の理解○相手の立場、役割の理解○他者の良さ、長所、得意面○異性との違い○異性との違い○相手を褒める○先輩、同輩、後輩、教師等の意識○先輩、同輩、後輩、教師等の意識○将来の可能性○作業・実習場面等○集団活動への参加教科・領域等(主な指導・支援の場)・作業結果の確認による仕事の責任教科・領域等(主な指導・支援の場)○各専門教科・他者の作業を見ての相互評価等○ライフプランニング○ライフプランニング等教科・領域等(主な指導・支援の場)○特別活動、HR等○各専門教科○ライフプランニング等□友人の良さを意識した言動ができる□自他の役割を意識し、相手の立場を理解した□友人への優しさが現れる。言動ができる。□相手の立場やチームとしての向上を意識した言動ができる。チームワークチームワークチームワーク□人社1.2.3-3集団活動への参加□人社4-3集団における役割の理解と協力□人社5.6-3集団の一員としての役割遂行、協働・集団活動に進んで参加し、教師や友人・集団活動における目的を共有し、役割を理解し・リーダーとフォロワーの立場を理解し、チーとの良い関係を築きながら活動する。て、協力して成し遂げる。ムとして協力・共同して活動に取り組む。キーワードキーワードキーワード○集団内での共通の興味・関心○他者からの教え、他者への助け○集団内での自分の役割や関係性の理解○一緒の活動の楽しさ○集団としての目的共有○他者と協力しての活動○仲間意識、達成感○協力しながら活動への取り組み○他者への失敗の伝え、他者からの指摘○助け合う大切さ○役割分担と自分の仕事の責任に対する自分の理解等、チームとして教科・領域等(主な指導・支援の場)○集団で取り組む満足感協調して仕事をすること○ライフプランニング○仕事のきまりや指示の遵守○職場内で様々な立場の人が居ることの○特別活動、HR等○他の人の仕事へ不要な手出し口出しをし理解、リーダーとフォロワーの関係ない事教科・領域等(主な指導・支援の場)教科・領域等(主な指導・支援の場)○各専門教科以下、略資料3平成24年度「キャリアプランニング・マトリックス(学習指導要領記載版)・『キャリアプランニング能力』」(学習指導要領の内容や解説記載)(資料の一部抜粋)第1,2段階(本校マトリックス表記)第3段階(本校マトリックス表記)第4段階(本校マトリックス表記)第5,6段階(本校マトリックス表記)(小学部の学習指導要領の内容や解説記載)(中学部の学習指導要領の内容や解説記載)(高等部の学習指導要領の内容や解説記載)(学指上の内容1.2.3.の各段階を表記)(学指上の内容1.の段階を4.として表記)(学指上の内容1.2.の各段階を5.6.として表記)基人キはたらくよろこび働く喜び+役割の理解と働くことの意義働く喜び+役割の理解と働くことの意義礎生ャ□キャリア1.2.3-1自分が果たす役割の理解と実行□キャリア4-1様々な職業があることや働くことに関する体験□キャリア5.6-1職業及び働くことの意義と社会生活において的設リ以下一部中略・計ア学習指導要1教師と一緒に簡単な手伝いや仕事をす4働くことに関心をもち、作業や実習に参加し、5働くことの意義を理解し、作業や実習に取り汎力プ領との関連る。働く喜びを味わう。組み、働く喜びを味わう。用ラ2教師の援助を受けながら簡単な手伝い(中学部「職業・家庭」以下同)(高等部「職業」以下同)的ンや仕事をする。(働くことに関心をもち)について(働くことの意義を理解し)について能ニ3日常生活で簡単な手伝いや仕事を進ん○意味:物を作ったり、育てたりする活動に興○意味:勤労の意味が分かること。力ンでする。味をもち、作る、育てるなどの目的的○留意点:進んで働くことをとおして、働くグ(手伝い・仕事)についてな活動が働くことにつながることに気ことの意味が分かるようにするこ能○説明:手伝い・仕事は、(手伝い)(整付くようにすること。とに留意する。力理整頓)(戸締まり)(掃除)(後(作業や実習に参加し、働く喜びを味わう)につ□周囲の人々は皆、社会の中で働きながら生片付け)に分けられる。いて活をしていることが分かる。[手伝い]について○意味:学校における作業や産業現場等におい□人々は働くことを誇りとしていることが分○内容:物を配ったり届けたりするこて、作業の準備(下文参照)、主たる作かる。と。業活動、作業の片付けなどの一連の活□働くことをとおして、充実感や生きがいを:伝言を届けること。動に、生徒が実際に取り組み、それぞもてるようになることなどが分かる。:作業を手伝うことなど。れの活動を確実に成し遂げ、達成感や□働くことを人々が尊重していることを知○1段階:教師と一緒に、配布物を配成就感をもったり、製品などへの感想る。ったり、教材等を運搬したを受けて満足感を味わったりして、働(作業や実習に取り組み)についてりすることなど。手伝いのくことに関心がもてるようになること。○意味:具体的な作業や実習場面での経験や意味が十分に理解できない□学校における作業や産業現場等において、体験を通じて、一つ一つの作業工程児童にとっても、徐々に手手洗いや身支度、作業手順や工程の確認、の手順が分かり、その工程に必要な伝うことの喜びが味わえる材料や道具の用意などの作業の準備の活動仕事を成し遂げること、一定期間にようにすることが大切。を確実に成し遂げることができる。一連の活動を成し遂げること。○2段階:教師の援助を受けながら□学校における作業や産業現場等において、□学校における作業や産業現場等における実も、できるだけ自分で配布作ること、育てること、運ぶこと、計数や習で、手洗いや身支度、作業手順や工程の物の手伝いをしたり、他の計量を行うことなどの主たる作業の活動を確認、材料や道具の用意、作業目標の確認教室へ教材等を運んだりす確実に成し遂げることができる。などの作業の準備を確実に成し遂げることること。□学校における作業や産業現場等において、ができる。:簡単な道具や器具を教師と半完成品の整理、完成品の計数や整理、材□学校における作業や産業現場等における実一緒に使用して、作業の手や道具の片付け、諸点検などの作業の片付習で、作ること、育てること、運ぶこと、伝いをすることが大切。けの活動を確実に成し遂げることができる。計数や計量を行うこと、伝票等の処理をす留意点:安全に留意するとともに、□それぞれの活動を確実に成し遂げ、達成感ること、清掃や販売活動などをすること、個々の児童に応じた手伝い成就感、満足感をもったりして、働くことなどの作業活動を確実に成し遂げることがを設定することにより、手に関心をもつことができる。できる。伝いをすることに意欲がも(他の指導上の留意点)□学校における作業や産業現場等におけるてるようにすることが大切。○作業分担を明確に、作業工程や活動全体が実習で、半完成品の整理、完成品の計数や○3段階:日常生活の中で、自分から見通せること、安全等にも配慮した作業場整理、材料や道具の片付け、諸点検、作業調理や製作などの様々な活所の設定等が重要。の評価、売上げなどの確認や報告などの作動の手伝いをすること。○個々の役割分担、道具・補助具の工夫、作業の片付けを確実に成し遂げることができ留意点:担任以外の教師とも連絡を取業場・作業環境の整備、衛生の配慮の必要。る。り合い、適切な指導が行われ○作業製品に触れての感想の発表、等を大切に○留意点:作業や実習においては、そうしたるよう協力体制を心掛けておする。一連の活動に取り組むことをとおくことが大切。して、確実性、持続性、巧緻性、:道具や器具に慣れるととも安全・衛生に気を付ける態度などに、それらを大切に扱いながを育て習慣化することに留意すら安全に仕事の手伝いをするる。ことが大切。○留意点:道具等を扱う場合は、道具(働く喜びを味わう)について等の正しく安全な使用方法○意味:物を作ったり、作物を育てたりするをきめ細かく指導すること活動に意欲的に取り組み、成就感をが必要。得て、仕事への自信をもてるように:刃物、ガス器具、電気器具なること、さらに積極的に仕事に取等危険を伴う道具や器具のり組めるようになること。扱いについては、安全に十分配慮し、適切な使用方法を指導する必要がある。以下、略資料3 平成24年度 「キャリアプランニング・マトリックス(学習指導要領記載版)・『キャリアプランニング能力』」(学習指導要領の内容や解説記載)(資料の一部抜粋)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です